20代で一軒家の購入を決意した理由【27歳、一軒家を買う】

初めまして。27歳(妻子持ち。地方在住)にして一軒家を購入したライター兼WEBデザイナーの堀本です。

一軒家を考える年代と言えば、仕事も家庭も落ち着いて、貯金もある程度溜まってきた30~40代が一般的。「20代の若造がなに急いでいるんだよ」と思った方も多いのではと思います。

しかし、今は過去最低とも言われるほどの「低金利」

むしろ私は思うのです。賃貸に毎月6,7万円も支払うよりも、コツコツ頭金を貯めるよりも、思い切って一軒家を買った方がお得なのではないかと。

そこで、今回は貯金もろくにない20代が、なぜ一軒家の購入を決意したのかをご紹介しますので、皆さんが一軒家を建てるときの参考にしてくださいね。

家賃6.5万円の3Kアパート暮らし

妊婦

Sunny / PIXTA(ピクスタ)

まずは我が家の家族構成から。

  • 私(27才)
  • 妻(怒られるので秘密…)
  • 娘(当時はまだ妻のお腹の中)

私が20代にして一軒家の購入を考え始めたのは2018年の2月頃、まだ妻と2人で「家賃6.5万円」の3Kアパートで暮らしていました。

アパートの駐車場

ゆらぎ / PIXTA(ピクスタ)

地方のちょっと田舎?に住んでいるので、車は必須。2人分の駐車場代を合わせると、毎月7万円ほどの固定費。

東京や大阪などの都会に比べると安い部類ですが、私の周りだと結構高い……。

それでも、当時はその出費にも納得していましたし、暮らしぶりにも満足していました。

 

始まりは1通のチラシから…

ポスト

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

当時の生活に満足していたにも関わらず、なぜ20代にして一軒家の購入を考え始めたのか。

始まりは不動産会社から送られてきた1通のチラシからでした。

「分譲住宅が今なら月々6.5万円~。頭金なし!」

衝撃的でしたね。私が支払っていた家賃、駐車場代の合計よりも安い金額で一軒家が買えるなんて…。

ただ、私は「自称:お金にシビア」な人間です。そう簡単に不動産会社の口車に乗せられるつもりはありませんでしたし、実際に私が購入したのはハウスメーカーからでした。

それでも、このチラシがきっかけで一軒家の購入について考え始めたのは確かです。

 

今後かかるだろうお金を計算してみた

お金にシビア?な私がまず取り掛かったのは、

  • 娘(当時はまだ妻のお腹の中)にかかる支出
  • 一軒家を購入してからかかる支出

をできるだけ細かく計算して比較すること。

上記の画像は、当時の私が手帳に記載した実際のメモです。ちょっと画像だと分かりにくいので、下記に簡単なものをまとめてみました。

現在(当時)の支出 一軒家を購入後の支出
家賃 6.5万円/月 7万円/月(2,000万円を30年)
食費 2万円/月 2万円/月
水道・光熱費 2万円/月 3万円/月
固定資産税 0円 1.5万円/月(固定資産税の積立)
住宅修繕費 0円 3万円/月(修繕費の積立)
合計 10.5万円/月 16.5万円/月

※2018年2月時点、福岡銀行の固定金利:1.25%で計算しています。

現在の支出と一軒家を購入後では「毎月6万円ほど」の差がある計算に。正直、当時の私は毎月6万円も支出を増やしてまで、一軒家を購入する魅力は感じませんでした。

 

金利が上がると頭金はなくなるかも…

住宅ローン

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

一軒家の購入を諦めかけていた私は、その代わり5年後に向けて300万円の頭金を貯めることに。

しかし、その頃出会ったファイナンシャルプランナーさんから、「今は最低金利で、これから上がる可能性が高いですよ」とのご指摘が。

2,000万円で30年ローンを組むとして、当時の固定金利1.25%で毎月7万円弱の支払いです。

もし、5年以内に金利が1%上がると、固定金利2.25%で毎月8万円弱になります。

たった1万円の差ですが、30年間で360万円の差に。頭金の300万円がなくなりますよね。

新築

ABC / PIXTA(ピクスタ)

この可能性を知ったとき私は、頑張って毎月5万円ずつ貯めるくらいなら、一軒家を購入して毎月6万円の支出を増やしてもほぼ同じではと考えたのです。

もちろん、金利が上がるのは可能性の話です。

ただ、皆さんも一軒家の購入を検討しているのなら、金利が上がる可能性については検討しておく価値があるのではと思います。

Source: 日刊住まい