「いけふくろう」だけに? フクロウが蒼井翔太演じる少年に変身する「池袋PRアニメ」が完成

東京・池袋のシンボルといえばフクロウ。JR池袋駅の地下通路にある石像「いけふくろう」が、待ち合わせスポットとして親しまれている。1月17日、フクロウのキャラクターが登場する「池袋PRアニメ」がYouTubeなどで公開された。

この3分40秒のアニメを共同制作したのは、池袋に区役所を置く豊島区と株式会社アニメイト。毎日新聞によると、制作費約3000万円を折半し、約1年かけて完成させたという。

池袋にはアニメイト本店があるほか、サンシャインシティ周辺の通りには、女性向けのアニメやマンガなどを扱う店が立ち並び「乙女ロード」とも呼ばれている。世界中の女性アニメファンに向けて「アニメの聖地」として、池袋をアピールするのが狙いだ。

2020年夏に旧区庁舎跡地にオープンするHareza池袋などが舞台。街を飛ぶフクロウを少女が追いかけていると、蒼井翔太さんが声を演じる少年に、フクロウが変身するというものだ。「誰もが主役になれる街・池袋」がテーマとなっている。

動画を実際に作ったのは「魔法少女まどか☆マギカ」などを送り出したシャフトだ。「物語」シリーズに参加した高津幸央さんが監督を務め、「ガールズ&パンツァー」や「弱虫ペダル」で知られる吉田玲子さんが脚本を担当した。ふくろうの化身である美少年は、公募で選ばれた原案をもとに、「物語」シリーズの渡辺昭雄さんがデザインした。

ネット上では、「流石のシャフト。素晴らしい。池袋愛を感じました」「 しょーたんの透き通るような美声が綺麗」などと反響を呼んでいる。


Source: ハフポスト