almostとmostlyの違い

おはようございます♬

最近、外食続きで野菜が足りない
そんな気がしたので朝ごはんは
ちょっとカラフルな野菜ディッシュにしてみました。

 

 

 

 

 

それを見た旦那さんが一言「Yuck…」

辞書を見るまでもなく意味は
「げげ…(おえー、など)」

先日の記事を覚えていらっしゃるみなさまは
もうご存知、旦那さんも義母も義妹も
大のつく偏食家。野菜は一切食べません。

そこから始まる妻(わたし、ですな)の小言が
長いこと、長いこと。
多分最初の2分しか聞いてないだろうな。

いやいや全部野菜じゃないじゃん。
フルーツも卵も入ってるじゃん。
てか、そんなに偏食だと
いつか体壊すわよ、などなど。

ここには書ききれないほどの
罵詈雑言を夫に浴びせたあと
ふと、おお、これは朝時間のネタになる。

 

そんなわけで本日は日本人が
はっきり覚えられない
almostとmostlyの違い』について。

almostもmostlyもなんとなく
「たいてい」と思っていませんか?

確かにそうなのですが厳密に言うと
こんな違いがあるのです。

almost
ほとんど
100%の状態に近いけれど、そうではない

mostly
大部分は」「ほとんど全て」ということ
※almost allで同じような意味になります※

私の朝ごはんはalmost vegetables(ほとんど野菜)
だけれど、オレンジや卵があるから100%ではない。

旦那さんから見ると(この中の物1つも食べれないので)
mostly vegetables=大部分が野菜じゃないか。

そんなどうでもいい話をしながら
我が家の朝はいつものように過ぎていくのでした。

はい。まったくオチがありません( ;∀;)…

みなさまはバランスの良い食事で
どうぞSweetな1日を♡

Source: 朝時間.jp