トリプトファンの非生物的形成

生命の起源、つまり生命がどこでどのようにして誕生したのかについては論争の的になっており、さまざまに推測されている。今回B Ménezたちは、芳香族アミノ酸(具体的にはトリプトファン)が実験室外の自然環境で非生物的に形成され得ることを示す証拠を提示している。これらのアミノ酸は、大西洋中央海嶺のアトランティス岩体(Atlantis Massif)の下の深部で形成され、保存されていたと考えられる。海洋リソスフェア内での流体–岩石相互作用による原始的なアミノ酸生成の可能性が実証されたことで、生命は深海の熱水噴出孔で誕生したとする説が支持された。

Nature564, 7734

原著論文:

Abiotic synthesis of amino acids in the recesses of the oceanic lithosphere

doi: 10.1038/s41586-018-0684-z

【関連記事】

キセノン同位体によって明らかになったマントルへの揮発性物質循環の歴史

Nature560, 7717 

Nature553, 7688 

Nature539, 7629 

Nature537, 7620 

Nature537, 7620 

Nature 個人購読について

Source: ハフポスト