1/15、16開催!440年の歴史がある東京都無形民俗文化財「世田谷ボロ市」とは?

今回は世田谷ボロ市の模様をご紹介したいと思います。

長い歴史を持つ年末年始の恒例行事で、毎年多くの来場者で大変ににぎわいます。

年に2回開催され、次回は1月15日と16日の両日になります。

12月と1月に開催される世田谷ボロ市とは?

世田谷ボロ市
世田谷ボロ市は地元町会・商店会を中心に結成された保存会が主催しており、毎年12月15日・16日と1月15日・16日の年に2回開催されるものと決まっています。

世田谷ボロ市
世田谷中央病院から西に約500m延びる通称「ボロ市通り」が会場となっており、開催期間中には700近くの露店が軒を連ねて各日20万人近くの人で賑わい、特に土日と重なるとボロ市通りは来場者で埋め尽くされます。

たくさんの来場者をさばくため、期間中は東急世田谷線が臨時ダイヤで運行されます。

 

440年の歴史を持つ東京都の無形民俗文化財

世田谷ボロ市は今年でなんと440回という歴史を持つイベントで、東京都の無形民俗文化財に指定されています。

戦国大名の掟書が起源

世田谷ボロ市の歴史は何と戦国大名の時代にまで遡ることになります。

小田原城主であった北条氏政が1578年に掟書を発してこの地に市を開いたことがボロ市の起源で、小田原と江戸を結ぶ矢倉澤往還の中間に位置した世田谷の振興策として始まったといいます。

世田谷ボロ市
この市は誰もが自由に出入りできて市場銭を徴収されない楽市で、掟書には一の日と六の日の毎月六日開かれる六斎市であることが定められています。

 

年末の歳の市として続いた

豊臣秀吉の小田原攻めにより北条氏が滅亡し、代わって関東の支配者となった徳川家康は江戸を起点とする五街道を整備します。

そのため大動脈の東海道から外れた世田谷は衰退しますが、それでもボロ市は年末に開かれる歳の市に形を変えて存続しました。

 

「ボロ市」が正式名称に

ボロ市はもともと農村で使用する農具市でしたが、年末に開催されることから近隣住民が正月の準備をする場ともなり、商品としては農具の他に正月用品や日用品を扱う店が多かったと言います。

明治の後半になると、大都市東京の古着屋・屑屋が集めた古着・ボロの割合が大きくなって「ボロ市」と呼ばれるようになり、戦後になって正式名称となります。

 

年2回開催になった意外すぎる理由とは?

ボロ市は元々は12月に開催されていたものですが、明治5年に暦が太陽暦に切り替わると1月にも開催されるようになり、これが現在まで続いています。

それまで使われていた暦から現在の太陽暦への切り替えというものはかなり強引に行われたもので、「明治5年12月3日を明治6年1月1日として新暦に切り替える」という決定が発表されたのは何と明治5年11月9日です。

12月が2日しかないことから、この年の市は臨時に11月25日に開催されました。

十分な検討もされず突然の変更だったため国民に定着するまで時間がかかり、農村では切り替え後も依然として約1か月遅れの旧暦で年中行事が行われていました。

新暦で年末にあたる12月15日は旧暦ではまだ11月中旬で、これでは正月の準備をする「歳の市」になりません。

そのため旧暦で生活する人にとっての年末である新暦の1月にも開く必要があったのです。

 

多種多様な店が並ぶボロ市

ボロ市通りはそれ程広くなく、開催日が土日と重なった場合は歩くのも大変で、商品をゆっくり見るのはかなり難しくなります。

ボロ市と名付けられてはいますが、現在では古着だけでなく日用品、骨董品、古道具、食品、神棚等々様々な物が売られています。

世田谷ボロ市

いかにも「ボロ市」にふさわしい古着屋です。

世田谷ボロ市

ざる、まな板、包丁といった道具屋も数多く出店していました。

世田谷ボロ市

骨とう品屋もありました。世田谷ボロ市こうなってくると何でもありです。世田谷ボロ市
ちなみに筆者が以前ボロ市で購入したボヘミアのクリスタルグラスは1,200円でした。

世田谷ボロ市

ボロ市はグルメも楽しむことができます。

世田谷ボロ市

世田谷ボロ市

沖縄名物のソーキそばは出汁と甘辛く炊いた豚のスペアリブが大変に美味でした。

 

ボロ市名物の代官餅

代官餅
世田谷ボロ市の名物といえば何といっても「代官餅」で、つきたての餅を6個パックに入れており「あんこ」「きなこ」「からみ(大根おろし)」の3種類あります。

代官餅
地元商店街の方による完全手作りであるためきめが細かくて柔らかく、しかも年に4日しか発売しないということもあって常に長い行列ができる超人気商品です。

代官餅
今年は2日間とも週末に重なったため行列は例年以上となっており、筆者は土曜日の11時半ごろ到着しましたが、代官餅の会場である世田谷信用金庫の駐車場への通路には既に3列の行列ができていました。

通路の行列はそれだけでなく前面道路まで続いており、道の両側にさらに3列ずつの列ができていました。


賞味期限が1日ですのでその日のうちに食べきってしまわなくてはなりません。

筆者は大根おろしに海苔、ネギ、鰹節をかけ、醤油で味付けした「からみ」を購入しましたが、今年は2時間15分並ぶことになりました。(会場で食べることができます)

1月15日・16日は平日なのでこれほどの行列にはならないとは思いますが、毎年夕方には売り切れているようです。

代官餅をご希望の方はお早めに会場入りするよう注意してください。

Source: 日刊住まい