公務員が1位!子どもに就いてほしい職業と親の就活支援とは?

超売り手市場と呼ばれている2019年卒の就職活動。

1人の学生が複数の内定を得ているために内定辞退も珍しくはなく、採用予定人数が充足しないという企業も珍しくはありません。

そんな背景から、内定を出した企業側から学生へ”就職活動を終了せよ”と迫る「就活終われハラスメント(オワハラ)」や、企業から保護者への子どもの入社承諾可否を確認する「オヤカク」など新卒採用にまつわる新たなワードが話題を呼びました。

さて、子どもが就職活動をするとなると放任ではいられないのが親心。

就活生の親たちは子どもにどんなサポートをし、そしてどんな企業に入社してほしいと思っているのでしょうか?

今回は、「就職活動に関する保護者の意識」についてのお話です。

子どもに働いてほしい企業の第1位は”公務員”

「株式会社マイナビ」が発表した今年就職活動を終えた、もしくは就職活動中、および2018年3月に卒業した就職活動経験のある子どもを持つ保護者を対象とした「2018年度マイナビ就職活動に対する保護者の意識調査」を見ていきましょう。

表組

保護者が子どもに働いてほしい企業のトップはなんと、“公務員”、2位のトヨタ自動車を引き離して圧倒的な人気です。

保護者の、「公務員は一生安泰よ!」という声が聞こえてきそうですね。

中央官庁

Caito / PIXTA(ピクスタ)

一方で就活生の人気企業ランキングを見てみると大手メーカー、航空、保険、旅行会社など各業界のトップクラスの企業が名を連ねています。

誰もが知っている憧れの企業ばかりですが、保護者がプッシュする公務員はまさかのランク外。

グラフ

子どもに入社してほしい企業の特徴も、半数近くの保護者たちが“経営が安定している”を挙げており、”やりがいのある仕事”、”自分が今まで努力してきたことを活かす”ことを優先して就職活動する学生たちとは、人気企業や求める企業の特徴も違いがあって当然のようです。

仕事 やりがい

saki / PIXTA(ピクスタ)

 

母親の方が父親よりも「終身雇用」を求めている!

次に、”働き方”についての保護者の意見を見ていきましょう。

グラフ

「新卒で入社した会社で正社員として長く勤めてほしい」39.1%でトップ。

個別に見てみると、父親は「子どもが決めたのならどんな働き方でもよい」が40.9%と最も多い結果となっていました。

しかし母親「新卒で入社する会社で正社員として長く勤めてほしい」(46.5%)が最多。

一度就職したら定年まで同じ企業で働いて欲しいという”新卒終身雇用”を望む母親の強い気持ちが窺える結果となりました。

大企業

まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

 

親たちはどんな「就活支援」をしてる?

最後に、子どもの就職活動の支援を見てみましょう。

グラフ

リクルートスーツの購入や交通費などの金銭的支援以外で保護者がサポートしているのは、「あまり気を遣わないような雰囲気や環境作り」(45.9%)がトップ

さらに、父母別で見てみると父親は「企業選びのアドバイス」を支援し母親は「身だしなみを整える手伝い」を支援。

企業説明会

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

それぞれ役割分担ができているように見受けられました。

また、エントリーシートも自己分析も不要だった親世代の就職活動ですが、今や”就職活動=エントリーシート=自己分析”が常識。

エントリーシート

風見鶏 / PIXTA(ピクスタ)

自己分析の”自分史”作りのために、保護者たちも支援していることは今の時代の表れと言っていいでしょう。

 

いかがでしたか?

学生はどうしてもCMに出てくるような誰もが知っている企業に憧れがち。

社会に出たことのない学生の視野は親が思った以上に狭いかもしれません。

筆者は就職活動をスタートする頃、両親から”世間には知られていないけれど業界では有名な企業”、”両親以外の大人と仕事の話をしてみること”など様々なアドバイスを受け大変役に立った記憶があります。

就職活動の支援として金銭面の補助や、干渉しないことは必要ですが、”子どもの視野を広げる支援”も重要であると筆者は思います。

 

【参加】

※ 就活生の保護者が子どもに働いてほしい企業。1位は圧倒的得票数で「公務員」。2位「トヨタ自動車」、3位「NTT」 ~「2018年度マイナビ就職活動に対する保護者の意識調査」を発表~

Source: 日刊住まい