「グレートサンタラン2018」―病気の子どもを支えるチャリティーイベント

2018年12月2日に大阪、2018年12月23日に東京で「グレートサンタラン2018」が開催されました。

・東京グレートサンタランが初開催

サンタクロースの衣装を着ながら街中を走り、病気や貧困の子どもたちを支援するチャリティーイベント「Great Santa Run 2018」(グレートサンタラン2018、実行委員長:大阪大学医学部 澤芳樹先生が2018年12月2日に大阪、2018年12月23日に東京で開催されました。2009年に大阪で始まった本イベント、東京では今回が初開催となりました。10年の歴史がある大阪で開催されたイベントでは5000名以上の参加者が集まり、真っ赤な衣装が街を染めました。東京では初開催かつ雨天ながら2500名もの参加者を集めており、来年以降の益々の発展が期待されています。

参考記事:メディカルノート

・グレートサンタランの趣旨と歴史

グレートサンタランでは、参加費の一部から国内外の病気や貧困の子どもたちへクリスマスプレゼントが贈呈されます。元々のサンタランの発祥はイギリス・スコットランドの首都エジンバラです。エジンバラは街自体が世界遺産です。エジンバラのサンタランでは街の中心のエジンバラ城の周囲を走っています。エジンバラのサンタランに参加して感動した女性からのメールがきっかけとなり、大阪のサンタランが2009年にスタートしました。

参考記事:大阪グレートサンタラン

・日本を代表する医師たちによる主催

初開催となった東京グレートサンタランで、大阪に続き実行委員長を務められたのは日本を代表する心臓外科医で再生医療の第一人者でもある澤芳樹先生(大阪大学医学部)です。澤先生は「皆さんの優しい気持ちこそがこのイベントの成功に繋がった」とおっしゃられます。実行委員は森尾友宏先生(東京医科歯科大学)、中村雅也先生(慶應義塾大学医学部)、志水秀行先生(慶應義塾大学医学部)、田中里佳先生(順天堂大学医学部)、高橋政代先生(理化学研究所)、鈴木寛先生(東京大学・慶應義塾大学)が務められました。当日はアンバサダーとして大黒摩季さんやマーク・パンサーさんが参加されました。多くの子どもを含む参加者は写真撮影をしながら、思い思いに走り、歩き、東京グレートサンタランを楽しみました。

【執筆/インタビュー】

井上祥(メディカルノート共同創業者・代表取締役/医師・医学博士)

2009年横浜市立大学医学部卒。横浜労災病院初期研修を経て2011年より横浜市立大学大学院医学教育学・消化器内科学、2015年3月に医学博士。一般生活者の医療リテラシー向上と「医師と患者をつなぐ」を理念に株式会社メディカルノートを創業。Medical Noteは2018年12月時点で月間1500万人前後のユーザー、47000のFacebookフォロワーを持つ日本有数のオンライン医療情報プラットフォームに成長し、Yahoo!と業務提携。2008年北京頭脳オリンピック”WMSG”チェス日本代表。日本医療機能評価機構EBM普及推進事業運営委員。NPO法人医療の質に関する研究会理事。横浜市立大学医学部非常勤講師。横浜市立大学医学部同窓会倶進会常任理事。

Source: ハフポスト