体のだるさを解消!「お正月疲れ」をリセットするヒント3つ

1月6日:今日は「まくらの日」

お正月の疲れが溜まって「なんだか力がわいてこない…」という方もいるのではないでしょうか?

そんなときはゆっくりと休んだり、自分をケアしたり、健康を意識する食事をとることが大切。そこで今日は、お正月疲れをリセットする方法を調べてみましたよ☆

体のだるさを解消!「お正月疲れ」をリセットするヒント3つ

太陽の光を浴びる

まずは朝起きたら太陽に浴びて日光浴をしてみましょう。

年末年始は夜更かしをしがちで、体内時計がズレていることが多いそう。ぼーっとしてしまう、頭がスッキリとしないと感じる人はぜひ外に出てみましょう。

太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされるそうですよ!

もし時間があるようなら、軽くウォーキングをしてみることもおすすめです。軽い運動をすることで、疲労感も増し、夜の寝つきもよくなるのだとか♪

ぬるめの湯船にゆっくりと浸かる

お正月休み中はシャワーだけで済ませたり、お風呂に入るのが面倒くさいとそのまま寝てしまったりすることもありますよね。

ぬるめのお湯にじっくりと浸かることで、心身共にリラックスができ疲れがとれやすいそうです。

体が温まることで夜も眠りやすくなるので、ぜひ湯船に浸かってみてくださいね☆

体にいい食事を意識する

疲れをとりたいときは、アルコールやジャンクフードは避けましょう。

ビタミンやカルシウム、鉄分、タンパク質などを含む、体に優しい食材を摂取することが大切なんだそう。

サラダや焼き魚、納豆など、和食をイメージして選ぶことをおすすめします。

***

少しでもお正月疲れをリセットしておくことで、仕事始めもスムーズになりますよね。ぜひ参考にしてください。

「まくらの日」とは?

千葉県柏市に本社を置き、枕を中心とした寝具のインターネット販売などを手がける「まくら株式会社」が制定。毎日使う生活の中でも身近な枕に日頃の感謝を込めて、その大切さを見直すのが目的。日付は枕を英語でpillow(ピロー)と呼ぶことから1をピンの「ピ」と読み、6を「ロー」と読んで「ピロー」となる1月6日に。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

Source: 朝時間.jp