仕事に行きたくない朝に。今日を乗り越えるための本、オススメ2冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、今日を乗り越えるための本

仕事に行きたくないなあ。だるいなあ。休み明けはとくに気が重いという方も多いかもしれません。そんなどんより気分の朝に、今日一日を乗り切るためにオススメの本をセレクトしました。

仕事を休んでも休まなくても、本を読んで深呼吸するうちに「まあ、いいか」と思えてくる。だんだん元気がわいてくる2冊です。

働きすぎだった頃のこと。

「働く男」とは、かつての星野源。病いに倒れすべてが変わった。星野源=働く男から、働きたくない男へ。仕事への思いはそんなに変わらない。仕事が楽しくなっただけ——。

「僕は音楽で世界は変えられないと思っている。でも、音楽でたった一人の人間は変えられるかもしれないと思う」。彼の歌はいつも誰かの心を明るくする。彼のユーモアが誰かを笑顔にする。安易なことは言わないからこそ心に響く。熱くリアルなエッセイ集です。


働く男
著者:星野源
出版社:文藝春秋

毎日を胸ときめかせて。

『100万回生きたねこ』の作者・佐野洋子のエッセイ。群馬の山の中に暮らし、村の友人たちと行き来する日々をつづります。

63歳になった洋子さんは思う。いつの間に年をとったのだろう。でも本当はいつからか大人になったわけではなくて「青い空に白い雲が流れて行くのを見ると、子供の時と同じに世界は私と共にある。60であろうと4歳であろうと「私」が空を見ているだけ」と気づく。

毎日を胸ときめかせ、大らかに豪快に生きた人のことばが心に深くしみる。そして、生きることの切なさと喜びがわきあがってきます。


神も仏もありませぬ
著者:佐野洋子
出版社:筑摩書房

くわしくはこちらの記事をどうぞ。
『働く男』
『神も仏もありませぬ』

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

Source: 朝時間.jp