大河ドラマ「いだてん」、“あまちゃんチーム”が再集結 豪華すぎる出演者とあらすじ

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

1月6日(日)夜8時から、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の放送がスタートする。

日本人が初めて五輪に参加した明治の終わりから、1964年の東京五輪までの激動の半世紀を、中村勘九郎と阿部サダヲのダブル主演で描く。脚本は宮藤官九郎。

「いだてん」のあらすじ。日本人初の五輪出場から東京五輪までを描く

「いだてん」の主人公は、「日本で初めてオリンピックに参加した男」金栗四三(かなくり しそう、中村勘九郎)と、「日本にオリンピックを呼んだ男」田畑政治(たばた まさじ、阿部サダヲ)。

熊本県和水町出身の金栗四三氏は、日本人初の五輪マラソン選手として、1912年にスウェーデン・ストックホルムで開催された第5回オリンピック大会に出場した。箱根駅伝の創設など、日本のマラソン界の発展に尽力し、「日本マラソンの父」として知られている。

もう一人の主人公、田畑政治氏は、静岡県浜松市出身の新聞記者。東京帝国大学(現・東京大学)卒業後に朝日新聞社に入社し、政治部記者として働いた。1964年の東京五輪招致のため奮闘し、同大会では組織委員会事務総長を務めた。日本水泳連盟会長を務め、日本水泳界の礎を築いた人物としても知られている。

ドラマでは、2人の主人公の物語を「リレー形式」で繋ぐという。

中村勘九郎、阿部サダヲがダブル主演

「いだてん」で主演を務めるのは、中村勘九郎、阿部サダヲの2人。

主役を支えるキャストには、25年ぶりの大河ドラマ出演となる役所広司、綾瀬はるか、金栗氏とともに日本人初の五輪選手に選ばれた短距離ランナーの三島弥彦役に生田斗真、豪華な顔ぶれが並ぶ。

また、ビートたけしが希代の落語家・古今亭志ん生を演じるという。

▼「いだてん」出演者

中村勘九郎 阿部サダヲ/綾瀬はるか 生田斗真 杉咲 花/森山未來

神木隆之介 橋本 愛/杉本哲太 竹野内豊 大竹しのぶ 役所広司 ほか

「あまちゃん」ファミリーが再集結…

「いだてん」のオリジナル脚本を執筆するのは、2013年に大ヒットした連続テレビ小説「あまちゃん」を手がけた宮藤官九郎。

スタッフ勢には、音楽担当に大友良英、制作統括に訓覇圭、演出に井上剛などが名を連ね、「あまちゃん」を生んだチームが再集結したことでも大きな注目を集めている。

2019年は、平成から新たな時代へと元号が変わり、オリンピック・イヤーを控える「節目の年」でもある。

豪華キャスト、スタッフのもと、明治・大正・昭和と移り変わる激動の時代が、どう描かれるか。期待が高まる。

Source: ハフポスト