男性トイレにオムツ替え台の設置が義務化 ニューヨーク州で2019年から、公共トイレを対象に

Close up of hand who is changing sweet baby boys diapers

アメリカ・ニューヨーク州は、お父さんも子どものオムツ替えをするし、同性愛者も子育てをしているということを、完全に理解したようだ。

2019年の元日に施行された州の法律で、今後新築・改修される建物にある公共用トイレには、全ての性別の人が使用できるオムツ替え台を少なくとも1つは設置することが義務化された。

法律ではレストランや店舗、映画館、公園など全ての企業と公共施設に適用される。公にアクセス可能なトイレには、少なくとも1つ、男女が共に利用できるオムツ替え台を設置することが必須となった。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、2018年4月に声明で「ニューヨークは、働く親たちが権利を獲得する闘いで誇りを持って国家を導いている。これらの設備へのアクセスを確保することで、すべてのニューヨーカーにとって必要とされるケアを提供できるようにする」と発表していた。

さらに、2018年10月にInstagramに投稿された一枚の写真も、この議論に拍車をかけていた。

トイレの床にしゃがみこんで息子のオムツ替えをしようと悪戦苦闘する父親のダンテ・パルマー氏。男性用トイレにオムツ替え台が無いことを訴えていた。

「男性用トイレには、私達が存在しないのと同じように、オムツ替え台もない。これは一体どういうことなのか」

//www.instagram.com/embed.js

今回施行されたニューヨーク州法は、連邦施設の建物内の公衆トイレでは、全性別のトイレにオムツ替え台を設置することとした2016年の通称ベイビーズ法をさらに前進させたもの。

知事と共に州法の制定に尽力したニューヨーク州上院議員のブラッド・ホイルマン氏は、「オムツ替えをするのはお母さんだけではない。お父さんもステップアップしなければならない」と語った。

また、男性同士のカップルで子育てをしている立場から、「そして、私のような新世代の同性愛者の父親が、トイレの床で赤ちゃんのオムツ替えをしなくてもいい。これは親の規範の変化を認識する重要な一歩だ」とも話している。

この記事はハフポストUS版より翻訳・再編集しました。

Source: ハフポスト