おせちの残りが大変身!黒豆たっぷり簡単「豆パン」の作り方

おはようございます、そしてあけましておめでとうございます。料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

お正月は沢山ご馳走を食べて、そろそろおせちにも飽きてきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今週は、おせちの黒豆を使って美味しい豆パンの作り方をご紹介します!

まるで豆大福のような見た目ふわふわの食感が可愛いパンです。黒豆たっぷりの豆パンは、黒豆があまり好きでない方にもお勧めできる美味しさ。パンにすると目先も変わって家族も喜んで食べてくれますよ。

生地はこねずに簡単にできる「100gミルクパンを使用します。前夜に準備すれば、朝には焼きたてパンが食べられますよ!

今回もフライパン・オーブン、2種類の焼き方をご紹介します。ぜひお試しください!

おせちの残りが大変身!黒豆たっぷり簡単「豆パン」の作り方

おせちの残りが大変身!黒豆たっぷり簡単「豆パン」

材料:2人分 調理時間:前日1時間/当日1時間

  • 強力粉            100g (今回は北海道産強力粉「はるゆたかブレンド」を使用しました)
  • 塩                2g
  • 砂糖                     20g
  • 黒豆(水気をきっておく)    45g
  • ★牛乳             30g
  • ★水                    30g (夏以外はぬるま湯を使うと発酵しやすいです)
  • ★ドライイースト       1g
  • ★オイル          大さじ1 (太白胡麻油・サラダ油など無味無臭のもの)

作り方:

【前日の作業】

1) タッパーに強力粉・塩・砂糖・黒豆を入れて混ぜ、別のボウルに★を入れて混ぜる。タッパーに水分を注いでゴムベラで混ぜ、手で粉気がなくなるまでまとめる。(黒豆の形が残るように優しく生地をまとめましょう)

パン生地

2) タッパーの蓋をして30分室温におく。生地を丸めなおし、さらに20分室温に置いてから、冷蔵庫の野菜室に入れて一晩おく。

※生地を丸めなおすことでグルテンを強化し、膨らみの良いふわふわパンになります。

※野菜室は冷蔵庫よりも少しだけ温度が高いので、発酵に適しています。野菜室でゆっくり朝まで発酵させましょう。

【当日の作業】

3) 野菜室から出して生地が約2倍に膨らんでいたら発酵完了。なっていなかったらしばらく室温にだして待ちましょう。生地に粉をふってタッパーから優しく取り出します。

4) 生地を4等分にして丸めます。クッキングペーパーをひいた鉄板の上に乗せて、40分二次発酵を取ります(寒い日はオーブンの発酵機能を利用することをおすすめします)

5)  フライパンで焼く場合…フライパンを中弱火で熱し生地を乗せて焼きます。焼き色がついたらひっくり返して蓋をし、同じく中弱火でしっかり中まで火を通します。

フライパンで焼く豆パン

オーブンで焼く場合…上から打ち粉をたっぷり目にふるい、オーブン170℃で約12分。豆大福のような見た目でこちらもおすすめです。

黒豆たっぷりの豆パン、ぜひお試しくださいね!

*****

神奈川県、東海道線辻堂駅徒歩3分。フランスパン教室「crumb-クラム」では、お家で本格的なパンが作れるレッスンを開催しています。詳細はこちら

毎月季節のフルーツを使った自家製酵母コース(2019年4月生募集中)

また「お家でハード系パンを焼けるようになる!3ヶ月イーストショートコース」も開催されます。(2019年1月全クラス満席)

初心者から中上級者まで、パン作りに興味がある方はぜひ。お待ちしております。

フランスパン教室「crumb-クラム」

Source: 朝時間.jp