TVやスマホで酷使していない?私のおすすめ「疲れ目」対策

1月3日:今日は「ひとみの日」

年末年始は夜遅くまでテレビを見たり、スマホをいじったりと、目を酷使している…!という方も多いのではないでしょうか?

そこで今日は、目の疲れを取る方法をご紹介します♪

TVやスマホで酷使していない?私のおすすめ「疲れ目」対策

目を使いすぎていると瞳の乾燥が気になり、「目が疲れたな〜」と感じることが増えてきますよね。

目の疲れをケアしないでいると、ドライアイが進行したり、肩こりや頭痛を引き起こしたり、血行が悪くなる恐れがあるといわれています…!

そのため、目のケアはできるだけ習慣にしたいものなんですよね。

簡単にできるケア方法としては

  • 目薬をさす
  • まぶたを温める
  • 目のまわりのツボを押す
  • 1時間に一回は遠くを見つめて目を休める
  • ブルーライトカットのメガネを着用する

などがおすすめです!

とくに私のおすすめは、目のまわりのマッサージと、ブルーライトカットのメガネを着用すること。

思った以上に目のまわりはこっているんですよね…!まぶたや眉毛の部分をマッサージすると同時に、首もぐるぐるとまわすことで、ほぐれていくように感じます。

また、ブルーライトカット用のメガネはもう手放せないほど愛用中…。かけるだけで頭痛が軽減した気がするので、ぜひ1本持っておくと便利ですよ〜。(ちなみに私はコンタクトをつけていても装着ができるように、度なしレンズのものを愛用しています!)

楽しくお正月休みを過ごすべく、ぜひ目のケアにも力を入れてみませんか?

「ひとみの日」とは?

1月3日の語呂合わせから「ひとみ」、10月10日の目の愛護デーのように瞳をいつまでも美しくという趣旨の日。コンタクトレンズ業界などでイベントを企画中のところもある。もちろん「ひとみさん」とか「瞳さん」の日とするのも楽しい。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

Source: 朝時間.jp