天井裏にネズミが侵入!駆除に悪戦苦闘した後の意外な結末とは?

秋口から、どうも天井裏でカサカサと音がします。

これは、きっと、いや、絶対にヤツだ!そう、ネズミ!!

ネズミ駆除作戦、開始

ねずみ

ネットで検索したところ、天井裏から聞こえる物音の正体は、ネズミやハクビシンなどが侵入して木材や断熱材を齧っているから、とのこと。

やっぱりね!

「天井裏のネズミ対策」として、まずは存在を確認せよ、と害獣駆除の専門家が書いていました。

屋根裏へは、日本家屋だと押し入れの戸袋から、簡単にアクセスできるようです。

押し入れの戸袋

日本家屋の場合、押入れの中に入口があります。点検口があれば、アクセスはなお簡単

天井裏にいるものの筆頭といえば、映画「呪怨」の伽倻子(かやこ)!

なので、戸袋の石膏ボードを押し上げて、恐る恐る屋根裏を覗いてみました。

屋根裏

暗くてよく見えないので、延長コードで電灯を設置。

本当に伽倻子がいたら、失神ものです。

家の真ん中辺の柱の上の方に、なんかお札(ふだ)と神棚に飾る紙みたいなものが取り付けられていました。こわっ! 魔除けか!?

お札

ちょっと不気味……

ネットで調べてみると、新築の際に祀るホンマもんのお札だそうです。

ナンマイダブ……。

 

姿は見えずとも痕跡発見

目を凝らして見ると、石膏ボードを開けたところに、フンらしきものが落ちています。

これはもう、間違いなくネズミ!

ネズミ対策には、天井裏に登ってネズミの通り道を見つけるのが一番最初にやることだそうですが、身長180cm、体重88kgのおっさんが登ると、天井が抜けそう。

そこでまずは、ネットで調べた「ネズミ忌避スプレー」を使ってみました。

殺鼠剤を使うと、ネズミの亡骸が腐って大変なことになるそうなので……。

ネズミ忌避スプレー

結論から書きますと、こちらは残念ながら、我が家では効果ナシ。

むしろ、天井中に撒き散らしたため、隙間から大量に何ともいえない匂い(ネズミが嫌う、猫とハッカの混ざったような臭いだそう)が漏れ、1日家の中でマスクをつけて過ごすハメになりました。

その後は、Amazonで購入したネズミ捕り2個を仕掛けましたが、ぜんぜんダメ(ネズミの通り道に置かないと罠にかからないそう)。

ネズミ捕り

このネズミ捕り、オシャレだけど、使い道なしじゃん

ティーバッグに唐辛子の上位版・ハバネロの粉を詰めて投げ入れた際は、一度夜中にネズミがトタトタと走り回ったくらいで効果のほどは1度きり。

こちらも、風が吹き込んだ際に、天井裏から部屋に入ってきて、おじさん涙目。

超痛いです、ハバネロ。

ハバネロ

ハバネロ、人間には絶大な効果あり

ネズミを超音波で撃退するという20kHzの音(人間には聴こえないらしい)をYouTube(ユーチューブ)で見つけ、パソコンから出してみると、ビックリしたのかネズミが天井裏を走り回りましたけど……すぐに慣れてしまったみたい。

超音波

おじさんには聴こえない音のようです

もはや打つ手ナシ!

 

万策尽きた後の、意外な結末!

駆除業者を呼ぼうか、でも8,000円(一般家庭)~30,000円(店舗)くらいするらしいし……と悩んでいるうちに、はや秋も終わり冬到来ですっ。

すると、なんということでしょう、ネズミの気配が消えてしまったではありませんか。

餌のない寒い天井裏では、冬眠しないネズミって長く生きられないみたい(屋外で生活する野ネズミには、冬眠するヤツもいるそうですが)。

結果オーライですね。

数々の苦労はなんだったのか? 冬バンザイ!ってわけです。

皆さん、天井裏にネズミが出たら、冬になるのを待つか、業者を呼ぶかの2択ですから。

いい勉強になりました。

 

【参考】

※ ねずみ110番

Source: 日刊住まい