【日刊Sumai】編集部・丸の取材、ときどきプライベート日記 vol.52

素敵なお宅があると聞けば北海道から九州まで、どこへでも!

フットワークの軽い『住まいの設計』編集長・丸(56)の取材こぼれ話や、男前なプライベートをチラ見せ!

2018年最後の配信となりますので、今年のベストショットをまとめてお届けします。

1月17日

ストーブと猫
ストーブと猫。熱いので、とりあえず耳はたたんでおくようです。

 

1月26日

雪だるま

雪が降ると店の前にでっかい雪だるまを作る美容室が近所にあるのですが、なんと今年はパンダの親子像。時流にも敏感なようです。

こうなるともうさっぽろ雪まつりレベル。しかも数日後も形状をしっかりキープしてました。強いですねー。

 

3月28日

徳島

徳島って、ちらっとみただけでも、面白建築のスポットのようです。

食事をした定食屋さんのそばにあるビル中庭。昭和初期のニオイがします。

水を流す仕掛けもあるプール?池?もあったりして、それはそれはシブい物件でした。

徳島

中を覗くと「大吉・中吉・小吉」っておみくじプール?投げ銭でもするのでしょうか。とてもかわいいです。

 

5月14日

鎌倉で撮影でしたが、戸塚駅で乗換電車を待っている間にヤギさんに遭遇しました。

駅前ビルの一角にお住まいのようです。手作り感あふれる自宅も完備されていました。

 

7月14日

暑い日の撮影は、アタマの中もメルトしがちです。ついつい本筋を違うところへ意識が飛んでしまいます。

内容はフツーの貼り紙なんですけど、自転車の絵を描くのって難しいんだなぁと思いました。

 

9月4日

先日わが家にHey!Say!JUMPの伊野尾慧くんが来てくれました。

パパの話によると「住まいの設計」っていう住宅雑誌の取材で、大学で建築を勉強した伊野尾くんが見にくるっていう企画なんだって。

私には建築とか分からないけど、このおうちはとっても気に入ってるの。そんなおうちを伊野尾くんにみてもらえてチョーラッキー!

それにしても伊野尾くん、ステキだった〜。すごく透明感があって、シュッとして、フワフワっとしてたワン(ここだけ犬語)。

ワタシのことナデナデしてくれて、めちゃ感激〜。思わず彼の後をついて回っちゃった。

パパったら「いつもより、すごくおすまししてますよ」だって。失礼ね!るるはいつでもかわいいでしょ!

伊野尾さん

ワタシ、犬だから、字は読めないんだけど、絶対見てみるわ~ 【住まいの設計に取材された犬・るる】

Source: 日刊住まい