「姑」「移動が大変」「ネットが繋がらない」帰省ストレスをこれで攻略!

年末年始は実家へ帰省する方も多いことでしょう。

帰省は楽しいだけのイベントではなく、「姑と上手く付き合うには」「子連れで移動をどう乗り切りるか」などの難題を突き付けられるときでもあります。

「実家でネットが繋がらない問題」も含めて、年末年始をストレスなく過ごすためのアドバイスを、3本まとめて紹介します!

お姑さんとうまくやる5つの方法

実家

kuro / PIXTA(ピクスタ)

「年末年始は夫の実家に帰るのが定番」と、毎年予定が決まっている家庭も多いことでしょう。

この場合、帰省中は夫の実家に数日間寝泊まりするパターンがほとんどです。

もしも、ちょっとした不手際でお姑さんの機嫌を損ねてしまったら、気まずい雰囲気で年末年始を過ごすことになりかねません。

嫁姑

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

「きちんとしている」「できる嫁」と思ってもらえたら、お姑さんも心を開いてくれて、コミュニケーションもスムーズにいきそうです。

既婚女性が実践している「お姑さんとうまくやる5つの方法」とは?ヒントは「手土産」「写真」「エプロン」。

ちょっとした心遣いが見えると、相手の心はすっと和むものです。今年の帰省はぜひこの5つの方法を実践してみてください。

詳しくは記事をチェック!

 

帰省時の荷物を減らす工夫5つ

新幹線

ニングル / PIXTA(ピクスタ)

新幹線や飛行機での移動は、帰省ラッシュに巻き込まれ、ストレスがたまりやすいシーンですよね。

自分ひとりだけならまだしも、赤ちゃんや小さな子ども連れだとままならないことも多いでしょう。

移動のストレスを減らすには、どんな工夫ができるのでしょうか。

例えば「手土産」。

手土産

chikaphotograph / PIXTA(ピクスタ)

帰省時に空港や駅で手土産を買ってそのまま乗り込むのではなく、事前に購入して郵送しておくと、移動時の荷物が格段に減らせます。

このほか、荷物を減らすための工夫を4つご紹介しています。

詳しくは記事をチェック!

実家のネット環境に不満続出?気になるアンケート結果

実家

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」が2018年の夏に実家に帰省した全国の20~40代の1,317名を対象にしたある調査で、「帰省中の困った」に関して興味深い結果が出ました。

それは、ネット環境に対する不便さ。

「スマホでしかインターネット利用ができず不便だった」「普段よりもネットが遅く、動画サイトなどを快適に閲覧できなかった」などの回答が多く寄せられました。

実家がネット回線を契約していないケースは24.7%もあり、地域によっては持参したスマホやWi-Fiが繋がりにくい環境に置かれることもあります。

一方で、年末年始やお盆などの帰省時、せっかく家族で集まる機会に、ネットばかりしていてはちょっと寂しい気もします。

実家

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

帰省時は「デジタルデトックス」のつもりで脱ネットに挑戦し、家族や親戚、地元の友人など、直接出会える人とのコミュニケーションを楽しむようにしてみてはいかがでしょう。

詳しくは記事をチェック!

Source: 日刊住まい