12月23日、来年は祝日じゃなくなるの? 平成最後の天皇誕生日

12月23日は天皇誕生日。

長く国民の祝日として親しまれてきた天皇誕生日だが、生前退位に伴い、来年以降はどうなるのか。

天皇陛下は2019年4月30日に退位し、皇太子さまが翌5月1日に新たな天皇に即位することが決まっている。

国民の祝日に関する法律が一部改正され、2019年の12月23日は平日となり、新天皇の誕生日である2月23日が天皇誕生日となる。

今後、12月23日は平日になるのか、祝日が制定されるのか。

菅官房長官は過去の会見で、「皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかについては、国民各層の幅広い議論が必要だと思う」と、世間の動向を見ながら判断する考えを示している

過去の例では、明治天皇と昭和天皇の誕生日は、それぞれ崩御後に「みどりの日(昭和の日)」(4月29日)と「文化の日」(11月3日)として祝日となっている。一方、大正天皇の誕生日は、現在は祝日にはなっていない

なお、「平成最後の天皇誕生日」の一般参賀は以下の時間を予定している。

・第1回 午前10時20分頃

・第2回 午前11時頃

・第3回 午前11時40分頃

混雑も予想されるが、入門する際に手荷物検査等がある。詳細は宮内庁のホームページに記載がある。

Source: ハフポスト