「メルカリ」で50~60代が取引成立率トップってホント?

月間の利用者数はなんと1,000万人を超えるという、大人気フリマアプリ「メルカリ」

家にある不要品がお金になるだけでは一般的なリサイクルショップと同じですが、メルカリが支持されるのはその商品数と、自分で売価を設定でき、値段交渉もできるなど、SNSを活用する時代背景にマッチしているところではないでしょうか。

そんなメルカリは2018年11月に「みんなのかくれ資産調査委員会」より発表された、日本の一般家庭に眠る不要品の総量に関する調査にて、「60代以上の女性が最も“かくれ資産”(不要品の二次流通想定額)を保有している」という結果をうけ、メルカリの50代、60代の利用者の動向を調査しました。

50代以上の利用者は、一体何を出品され、何を購入しているのでしょうか?

今回は、”50代・60代のメルカリ利用動向”についてのお話です。

60代女性のかくれ資産は平均約50万円

まずは、「みんなのかくれ資産調査委員会」による調査結果をみていきましょう。

アンケート

日本のかくれ資産の総額はなんと推計37兆177万円となり、1世帯あたりでは約70万円国民1人あたりでは約28万円ということが判明しました。

これを年代別に見てみると、60代以上の女性のかくれ資産が最も多く、1人あたりなんと49.8万円という結果に。

シニア女性

foly / PIXTA(ピクスタ)

年代が上にいけばいくほど、不要品も溜まる傾向にあるのでしょうか。

1世帯で約70万円のかくれ資産があるとすると、フリマアプリを利用して、お金に換えたい!と思ってしまいますよね。

では、みなさんどのようなものを出品し、購入されているのでしょうか?

 

50代、60代のメルカリ利用は”趣味”要素強し!

「メルカリ」内の利用データをもとに、50代・60代以と20代・30代の利用動向を比較してみると……、

アンケート

若い世代は、出品・購入ともに子ども用品が上位に挙がります

ベビー用品

farmer / PIXTA(ピクスタ)

確かにベビー用品の必需品は”期間限定の必需品”が大半。

すぐいらなくなるものは安く手に入れ、不要になったら出品するという、賢い循環サイクルができているようですね。

一方で、50代・60代は美術品やスポーツ用品など趣味に関わるものの取引が多いことがわかります。

美術品

SD / PIXTA(ピクスタ)

利用者のコメントを見てみると、「捨てようと思っていた骨董品が、誰かに使ってもらえることが嬉しい」とか、「着物をリメイクして出品」という声が多かったようです。

着物

セーラム / PIXTA(ピクスタ)

作る喜びを見出し、定年後に昔の趣味を復活させるなど出品・購入自体に楽しさを見出している方が多いことがうかがえます。

 

取引成立率トップは50代・60代女性だった!

多くの若い世代の利用者のように「不用品を買う→お金にする→必要なものを安くで購入できないか探す」という利用スタイルに対し、”趣味要素”の強い、50代、60代のメルカリ利用者たち。

若い世代との取引成立率を比較してみると……、

アンケート

50代・60代女性の取引成立率は、40.33%でトップという実態が明らかになりました!

さすがかくれ資産の金額トップの世代、いいものを多く所有しているのか、取引成立率は男女ともに若い世代より高い傾向にあります。

”若い人向け”というイメージのあったフリマアプリですが、利用する年齢層はどんどん広がり、80代で利用される方もいるんだとか。

シニアのスマホ

kou / PIXTA(ピクスタ)

メルカリは60歳以上限定の利用者限定で、活用方法や体験談を紹介する座談会なども開催しているようですし、今後も高齢者のメルカリ利用は”趣味発見のツール”としてさらに活発になりそうですね。

 

【参考】

※ フリマアプリ「メルカリ」、初となる50・60代の利用動向を発表 出品1位は「レコード」、購入1位は「ゴルフグッズ」という結果に

※ 「日本の一般家庭に眠る不要品の総量に関する調査」(みんなのかくれ資産調査委員会)

Source: 日刊住まい