パン好きなあの人に。贈りものにしたい、おいしいパンの本3選

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、贈りものにしたいパンの本を。

パンが大好きなあの人に、おいしいパンにまつわる本を贈りものにしてはいかがでしょう。日本全国で愛されているパンの話を読んでいると、幸せな気持ちに包まれます。本の表紙にもうっとり、パンの魅力あふれる素敵な3冊です。

浅草の大人気パン屋さん。

商品は食パンとロールパンだけでも、毎日行列が絶えないパン屋さん。東京・浅草にある「パンのペリカン」についての本。2種類しか作らない理由や人気のひみつやペリカンの一日を、4代目店主が75年の歴史とともに紹介します。

当たり前のように、毎日パン屋さんにいく。当たり前のように、おいしいパンを食べられる。それは、いつも変わらぬパンを焼き続けるパン屋さんのおかげ。変わらないって本当に大変なこと。この本を読みながらしみじみ感じます。


パンのペリカンのはなし
著者:渡辺陸/森まゆみ/平松洋子/鈴木るみこ/甲斐みのり
出版社:二見書房

「地元パン」の物語。

郷土菓子やご当地パンを愛する甲斐みのりさんが、全国を旅して集めた地元パンを紹介。いい顔、いい味のご当地パンが勢ぞろいしています。

かもめパン、恋人パン、元祖温泉パンと、ユニークな名前の由来を知るのも楽しい。日本各地で愛され続ける名物パンに出会える心踊る本をどうぞ。


地元パン手帖
著者:甲斐みのり
出版社:グラフィック社

丸ごとコッペパンの本。

しっとり、むちむち、ふわふわ、ぼってり。どんなタイプのコッペパンが好きですか?

懐かしコッペから進化系コッペまで、コッペ道を極めるお店を取材し、コッペパンの世界へと案内。シンプルだからこそ奥深いコッペの魅力を伝えます。読んだあとはコッペ愛に包まれて!


コッペパンの本
著者:木村衣有子
出版社:産業編集センター

くわしくはこちらの記事をどうぞ。
『パンのペリカンのはなし』
『地元パン手帖』
『コッペパンの本』

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

Source: 朝時間.jp