アメリカ人が毎日言うフレーズ

おはようございます♬

昨夜遅く出張から帰ってきた旦那さんと
朝、ごはんを食べながらこんな話。

 

 

 

 

 

 

How was LA?=ロサンゼルスどうだった?

もはや毎日雨ばかりのシアトルに住んでいると
月に1度はカリフォルニアに出張がある旦那さんが
うらやましくてしょうがない私。

Not really, same old same old.
=特になにもないよ、いつもとおんなじ。

これ、実はアメリカの生活では
かかせない英語フレーズ。

アメリカ人はとにかく毎日、毎日、毎日
帰ってきた旦那さんや(奥さん)、子供たちに
How’s your day?=今日はどうだった?」と
聞きます。

子供の場合はきっと学校で起こった出来事などを
話してくれるのでしょうが
日本人である私も、1/4日本人である旦那さんも
わりと『しらけたタイプ』なので
自分で聞いても、相手から聞かれても
返答に困る…だって答えは「何も変わらない」だから( ;∀;)

とはいえ、これ日本で言うところの
ただいまー(I’m home)
「おかえりー(これにぴったりの英語が思い浮かばない)
に似たイメージの『必須会話』なので覚えておくと
損はしないかと思います。

 

これ以外にも
どうだった?=①How was it?/ ②How did it go?」は
日常でもよく使われるので要チェック。

①のほうが汎用性が高いような気がします。
またitの部分をHow was your day?=今日はどんな日だった?
How was your business trip?=出張どうだった?
と具体的に書き換えて使えるので会話の幅が広がります。

②はgoが付いているので「どんな感じで進んでいるのか」と
進捗を聞いているイメージ。
今、抱えているプロジェクトやスポーツの試合の状況などを聞く。
そんな感覚で覚えてみてください。

あ、そうそう前述のsame old same old
なかなかよく聞く使えるフレーズ。
いつもの辞書をひいてみると
same old=これまで通りの・相変わらずの・いつもの
2回続けて言うと「いつも通りでつまらない」と
少々グチっぽい雰囲気も醸し出せます 笑

おっといけないここは朝美人の集う場。
ネガティブになりそうなトピックはこのあたりで…

師走まっさかりの日本。
毎日お忙しいと思いますがみなさまどうぞSweetな1日を♡

Source: 朝時間.jp