照明選び、どうしてる?おすすめショールーム情報も!

センスが良いお宅には必ずといっていいほど置いてある、存在感ある照明器具。

インテリアをステキにまとめたいと思うなら、とことん照明選びにこだわってみるのもいいかもしれません。

「部屋が2倍オシャレに見える照明」「電球の色温度の選び方」「カッコいい照明に出会えるショールーム」の情報を、3つまとめてご紹介します!

部屋が2倍オシャレに見える照明って?

インテリアをコーディネートするとき、家具や雑貨を選ぶのに一生懸命になりがちですが、部屋全体を見ると、意外に印象に残るのが照明器具です。

照明

まずはペンダントライト。

flameの「凸LAMP glass(クリア)」は、電気をOFFにしているときはガラスの繊細さが味わい深く、ONにしたときは天井まで広がる光の輪でアートな雰囲気が楽しめます。

照明

ペンダントライトに加えて、スポットライト、テーブルライトなど、いくつか種類の異なる照明を配置して、間接照明で明るさを取り入れるのもオシャレ。

照明で部屋の雰囲気をカッコよく見せるテクニック、ぜひ真似してみてください!

詳しくは記事をチェック!

 

電球の色温度の選び方

照明

照明は、照明器具本体のデザインだけでなく、電球の色味でさらに幅広いアレンジを楽しむことができます。

電球の色は「色温度」で分けられ、オレンジ色がもっとも低く、温度が上がるほど真っ白に近づいていきます。

電球の色温度で部屋の雰囲気ががらっと変わりますから、ここはしっかり吟味して好みのカラーを選びたいものです。

照明

Hemul / PIXTA(ピクスタ)

電球売り場にあるのは、主に「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」です。

それぞれどんな特徴があって、家のどんな場所に向いているのでしょうか。

詳しくは記事をチェック!

カッコいい照明に出会えるショールーム

照明

「オシャレで個性的な照明がほしい!」

そんな思いに寄り添ってくれるのが、「アートワークスタジオ東京ショールーム」です。

予約制でスタッフが付いてくれるため、理想とするインテリアや部屋の間取りなどを相談しながら、じっくり照明選びができます。

照明

アンティーク調、ヨーロピアン風、はたまたは現代アートのような照明など、どんな好みにもピタッと応えてくれる豊富な品揃えで、きっとお気に入りが見つかるはずです。

詳しくは記事をチェック!

Source: 日刊住まい