東名高速の「あおり運転」で懲役18年。危険運転致死傷罪の適用が焦点

あおり運転による死傷事故の判決が言い渡される横浜地裁前で、傍聴券を求めて列をつくる人々=12月14日午前、横浜市

東名高速で2017年6月、あおり運転で停車させて後続の車による追突事故を引き起こし、家族4人を死傷させたとして、危険運転致死傷罪などに問われている被告の男性の裁判員裁判の判決が12月14日、横浜地裁であった。

横浜地裁は、懲役18年を言い渡した。報道各社が報じた

この裁判では、危険運転致死傷罪が適用されるかどうかが焦点となっていた。

Source: ハフポスト