今年の漢字、平成最後は「平」になる? ネットやテレビで予想が大盛り上がり

今年の漢字

毎年恒例となっている、その一年の世相を表す「今年の漢字」が、12月12日午後2時に発表される

日本漢字能力検定協会が毎年一般公募し、応募数が最も多かったものを「今年の漢字」として、京都・清水寺で巨大な和紙に大筆で一字をしたためる。

平成最後となる2018年の「今年の漢字」には何が選ばれるのか、ネット上やテレビでは予想大会が盛り上がっている。その一部を紹介する。

「平」

平成最後とあって、「平」をあげる声が相次いだ。平成だけでなく、「平」昌五輪や大リーグ新人王に選ばれた大谷翔「平」選手、シリアでの拘束から解放された安田純「平」さんなど、平のつく人物やイベントが多かったことを理由にあげる人もいた。

デイリースポーツによると、タレントの大沢あかねさんが日本テレビ系「スッキリ」内で予想すると、共演者からも共感の声が上がったという。

「圧」

スポーツ界でパワハラ問題が相次いだことを受けて、圧力の「圧」と予想する声もあがった。

「安」

惜しまれながら9月に歌手生活に幕を閉じた歌姫・安室奈美恵さんの名前から、「安」を推す人も。

「災」

西日本豪雨や大阪地震、北海道地震など、大規模な災害が続いたことから、「災」を候補にあげる人も。

「終」

平成の終わることから、「終」という声もあった。

過去の10年の「今年の漢字」は以下の通り

2017年:北

2016年:金

2015年:安

2014年:税

2013年:輪

2012年:金

2011年:絆

2010年:暑

2009年:新

2008年:変

Source: ハフポスト