賃貸や補助金も!「ZEH住宅」の知っておきたいメリット・デメリット

政府は「エネルギー基本計画」において、「住宅について、2020年までに、標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と2014年4月、閣議決定しました。

「ZEH住宅」とはどんなものなのでしょうか。

「ZEH住宅」とはどんな家?

経済産業省・資源エネルギー庁によれば、ZEH住宅とは「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のことを指します。

ZEH住宅

pixelcat / PIXTA(ピクスタ)

1. ZEH住宅を満たす条件

「快適な室内環境でありつつ、年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」とは、具体的に以下の3つを指します。

  1. 高断熱で、エネルギーを極力必要としない
  2. 高性能設備でエネルギーを上手に使う
  3. エネルギーを創り出す

3つの要素を組み合わせ、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にするのがZEH住宅。

つまり「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点を備えた住宅です。

クリーンなエネルギーを効率的に生活に活かすことができます。

断熱住宅

Photonn / PIXTA(ピクスタ)

2. 国が業者に対し行っている補助事業

経済産業省では、ZEH住宅を増やそうと、建設を行うための「ZEHビルダー」「ZEHプランナー」を募っています。

対象となるのは、ハウスメーカーや工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売り住宅販売者など。

同プランナー、ビルダーは2020年までにZEH住宅を50%以上とする目標を掲げなくてはなりませんが、それに対し、国は評価を実施するとともに、補助金制度も行っています。

平成30年1月現在、全国のハウスメーカー、工務店を中心に6,303社が登録を行っています。

 

ZEH住宅の入居者メリットは?

ZEH住宅は、快適であるうえ、次のようなメリットがあります。

1. ランニングコストが抑えられる

省エネ性能が高く、光熱費が抑えられます。

太陽光発電の自家消費により、買電量を減らせます。

電気料金が年々高額になる傾向です。買電量を減らすことは、家計の負担を抑えることにつながります。

光熱費

はる / PIXTA(ピクスタ)

2. 補助金がもらえる

一般社団法人・環境共創イニシアチブによると、平成30年度のZEH補助金は主に以下の通りです。

  • ZEH支援事業として、要件を満たせば1戸につき70万円
  • ZEH+実証事業業として115万円+蓄電システム補助・最大45万円
  • どちらかの補助事業の交付決定を受けている人を対象に、先進的再エネ熱等導入支援事業として90万円
補助金

KazuA / PIXTA(ピクスタ)

それぞれ要件があり、標記の補助金に金額が加算されるケースもあります。

また、申請時期も限定され、数種類の書類提出も求められます。

自分が建てようとする住宅がどれに該当するのか、補助金をもらうためにはどうしたらよいのかは、都度確認してください。

 

ZEH住宅の入居者デメリットは?

デメリットは、おもに次の3つになります。

1. イニシャルコストが高くなる

補助金を活用できるとはいえ、断熱性能を高め、省エネに優れた設備や創エネ設備を導入するには、普通の家を建てるよりも金額が高くなります。

また、気密性、断熱性を重視していることから窓などの開口部は構造上多く設けられない可能性も出てきます。

建築費

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

 

2. ZEHの施工方法を熟知した業者が少ない

ZEH住宅は、高度な設備を導入するために、施工技術も高度になります。

現在のところ、どこの業者に頼んでも建てられるわけではありませんので、ノウハウを持っているZEHビルダーまたはプランナーに依頼しましょう。

建築士

KY / PIXTA(ピクスタ)

 

賃貸のZEH住宅が登場!

賃貸住宅は、持ち家一戸建て住宅に比べ、省エネ対策に関して普及が遅れていました。

しかし近年、ZEH賃貸が建設されはじめています。

ZEH住宅

ABC / PIXTA(ピクスタ)

入居者の快適性はもちろんですが、資産価値の向上、入居率の安定などの理由でオーナーにもメリットがあることが、普及の理由です。

現在は、株式会社一条工務店、積水ハウス株式会社、大東建託株式会社など、大手住宅メーカーによる建設が目立っています。

 

まとめ

「省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと」「消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと」がZEH住宅の核となります。

クリーンエネルギーを多用した住宅は、今後、増加するでしょう。

住宅を購入する人も賃貸住宅を借りようとする人も、メリット、デメリットを理解したうえで、前向きにZEHを検討しましょう。

 

【参考】

※ 経済産業省 資源エネルギー庁 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について

※ 一般社団法人・環境共創イニシアチブ 平成30年度のZEH補助金について

※ 一般社団法人・環境共創イニシアチブ

Source: 日刊住まい