『ネット流行語大賞』2018、金賞は「バーチャル YouTuber/VTuber」が受賞

バーチャルYouTuberのキズナアイ(左)とミライアカリ

2018年の「ガジェット通信 ネット流行語大賞」が12月3日、発表された。グランプリとなる金賞は、「バーチャル YouTuber/VTuber」(YouTubeで動画配信する架空のキャラクター)が受賞した。

銀賞は「平成最後の〇〇」。銅賞は、サッカーW杯での大迫勇也選手の活躍を賞賛する「大迫半端ないって」が選ばれた。

ネット流行語大賞は、ネットメディア『ガジェット通信』が毎年選出している。2018年は「ねとらぼといっしょ!」と題して、同じくネットメディアの『ねとらぼ』と共同で実施した。

この1年にネット上で流行った言葉や表現を募集し、その中から候補となるワードを選定。一般投票を実施し、得票数が多かったワードを選出した。一般投票は11月18日〜27日の期間で、2000人以上が参加した。

得票数が多かったワードは、以下の通り。

・支離滅裂な思考・発言

・ペニーワイズがオススメするシリーズ/ハーイ、ジョージィ

・エモい

・ヘルシェイク矢野のこと考えてた

・そういうとこだぞ

・山口メンバー

・ポプテピピック

・筋肉は裏切らない(みんなで筋肉体操)

・ボーっと生きてんじゃねーよ!(チコちゃんに叱られる!)

・モルゲッソヨ

・そだねー

・クッパ姫

・漫画村

・ハズキルーペ

・日韓断交

・NHK が映らないテレビ

・やらなきゃ意味ないよ

・野党18連休

・カメラを止めるな!/カメ止め/カメ止め現象

・プロ人質

・もぐもぐタイム

・ウマル

・スカディシステム/スカスカシステム(Fate/Grand Order/FGO)

・#MeToo

・殺人タックル

・忖度ジャパン

・自己責任/自己責任論

・ジェンダー

・今後必要になるプログラム言語

Source: ハフポスト