秩父の雲海が、まるで異次元の世界。「ファイナルファンタジーのようだ」と反響広がる

一面に覆う分厚い雲の隙間から、橋の頭頂部がひょっこりと姿を見せる。埼玉県で撮影された写真が、「ファイナルファンタジーの世界」などと反響が広がっている。

この写真は、埼玉県秩父市の周辺に発生した雲海。Twitterユーザーの「くろこさん」が11月30日早朝に撮影したものだ。くろこさんによると、写真は付近にある武甲山の山頂から、「PENTAXのK-1」で撮影したという。写真を投稿したところ、1万以上もリツイートされ、話題となっている。

秩父の雲海

もやがかった工場プラントは、幻想的な光を放ち、煙突から立ち上る煙がとても印象的だ。

秩父の雲海

投稿された写真に対して、Twitter上では「ファイナルファンタジーVIIの世界!」「絵かと思った」「神秘的だ」などと反響が広がっている。

くろこさんは12月2日、ハフポスト日本版に「純粋に嬉しいです。温かい言葉も沢山いただき、光栄です」と反響への喜びを語った。

入念な準備の上、「撮影中は雲や光の具合が変化し続けるので、構図や設定を瞬時に正確に、を心掛けた」という。一方で、「(反響が広がったことで多くの人が訪れ、)撮影現場のモラル低下といった残念なことにならなければいいなと思います」とも答えた。

雲海は、地表に濃い霧が発生し、高い場所から見下ろすと雲の海が広がっているように見える現象のこと。秩父市の観光サイトによると、春や秋がシーズンで、10、11月に最も多くみられる。

晴れた日の早朝で、風がなく、湿度が高いなどの条件が揃うと発生するという。工場プラントや橋が雲海に浮かぶように見えることから、「天空の工場」や「天空の橋」などと呼ばれている。

秩父の雲海

Source: ハフポスト