男女格差は広告業界とメディアの責任? カンヌ話題作「Fearless Girl」の仕掛け人が来日して語ります

Fearless Girl

外務省と、世界最大級の広告祭「カンヌライオンズ」の日本代表である東映エージエンシーが共催で、「ジェンダーとコミュニケーション会議-ジェンダーイコールを「伝える」「創る」「変える」-」を、 12 月 6 日(木)に開催します。

世界経済フォーラムによるジェンダーギャップ指数ランキングで日本は114位。ビジネスや政治の場で、性別による格差がずっと指摘されています。どうしたら変われるのか。メディアや広告業界にも責任はないのか。ハフポスト日本版もメディアパートナーとして協力し、一緒に考えてくれる参加者を募集します。

イベントの基調講演では、カンヌライオンズ(2017年)の複数の部門でグランプリに輝いたキャンペーン「恐れを知らぬ少女(Fearless Girl)」を手がけた広告会社マッキャンの NY 支社長、ディヴィカ・ブルチャンダーニ氏が登壇します。

少女像は、ウォール街の象徴である雄牛の銅像の前に、睨みつけるような格好で設置されました。経済界における女性差別を訴えたメッセージはSNSを通して世界中に広がりました。ブルチャンダーニ氏が日本で初めて、その制作秘話を語ります。

その後は3つのセッションが開かれ、日本を代表する広告会社やメディア企業のスピーカーらが登壇し、ジェンダーをめぐる報道や編集、広告コンテンツ制作のありかたについて議論します。

<イベント情報>

・ジェンダーとコミュニケーション会議 ―ジェンダーイコールを「伝える」「創る」「変える」―

・日 時 : 2018 年 12 月 6 日(木)13:00〜17:00(開場 12:30)

・会 場 : 電通ホール(東京都港区東新橋 1-8-1 電通本社1F)

・申込み方法 : 参加ご希望の方は以下リンクよりお申し込みください(先着 300 名。入場無料)

http://www.canneslionsjapan.com/gender-communication2018

・登壇者 【敬称略・五十音順】

基調講演– McCann New York, President, Devika Bulchandani / デヴィカ・ブルチャンダーニ

セッション 1

 - ジャーナリスト/東京大学情報学環客員研究員 治部れんげ(※モデレーター)

 - 株式会社光文社 月刊 VERY 編集部 編集長 兼ブランド事業室長 今尾朝子

 - 日本経済新聞社編集局 女性面編集長 佐々木玲子

 - ハフポスト日本版 編集長 竹下隆一郎

 - NHK 制作局 生活・食料番組部 「あさイチ」デスク 坪井健人

セッション 2

 - ジャーナリスト/東京大学情報学環客員研究員 治部れんげ(※モデレーター)

 - ADK アカウントプランニング本部 本部長 内垣宏子

 - 株式会社電通 執行役員 大内智重子

 - P&G ジャパン広報渉外本部 カンパニーコミュニケーションズ シニアマネージャー 田上智子

セッション 3

 - グーグル合同会社 執行役員 YouTube 日本代表 仲條亮子(※モデレーター)

 - 株式会社博報堂 リーママプロジェクトファウンダー、株式会社 VoiceVision エグゼクティブコミュニティープロデューサー 田中和子

 - 外務省 総合外交政策局 女性参画推進室長 松田友紀子

 - RIZAP グループ株式会社 代表取締役、カルビー株式会社 シニアチェアマン 松本晃

Source: ハフポスト