なんてこった… 少年サッカーの試合に保護者が乱入。まさかの方法でミラクルセーブを演出(動画)

スーパーセーブの瞬間

イギリス・ウェールズで開かれた少年サッカーの試合で起きたハプニングを撮影した動画が、11月6日にTwitterに投稿され、話題になっている。

ゴールキーパーの息子の活躍を見守っていた父親が、まさかの方法で息子のミラクルセーブを演出したからだ。

動画には、6歳の息子と側で応援する父親が起こした”ハプニング”の瞬間が写っている。

https://platform.twitter.com/widgets.js

BBCによると、試合は8歳以下の少年サッカー試合で、2-0とリードした場面。

相手チームが左サイドから強烈なミドルシュートを放った。ボールはゴールにめがけて一直線に向かうが、肝心のゴールキーパーの息子は、そっぽを向いてシュートにすら気づいていない。

このままではゴールを奪われてしまう。そう思ったのか、ゴール脇で応援していた父親がまさかの行動に出た。

息子をボールの方に押し倒して、シュートを止めようとしたのだ。

息子はボールの軌道上に転倒し、ミラクルセーブとなったが、弾かれたボールを相手に押し込まれ、結局ゴールを許してしまう。

父親は両手を高くあげて憤った様子で、背中から倒された息子は、何が起きたのか、最後まで理解ができていない様子だった。

BBCによると、その後に相手に追加点を許し、試合は2-2の同点だった。

Twitter上では「なんてすごいセーブなんだ」と反響が広がる一方で、「父親が邪魔してなかったら、息子は気をそらされずにゴールを防いていたんじゃないの?」といった声も上がった。

Source: ハフポスト