味つけは【オイスターソース】のみ! 超シンプル、超ウマイ大根の煮ものあります。

そろそろ肌寒い日も増えてきて、煮ものの季節になりましたねー。最近、あれこれ試作した煮もののなかでも、特に「これはすごい!!」と衝撃を受けた一品をご紹介します。

【大根と鶏もものオイスターソース煮】
ごろんと大きく切った大根と鶏ももを、オイスターソースでこっくりと煮た煮もの。白めしがしっかり食べられる味わいです。

ここからは、自宅での試作風景をご紹介。 大根はまずフライパンで焼きつけます。いきなり煮ないで油をからめておくと、こくがアップするだけでなく、煮くずれ防止にも。少し焼き色がつくくらいまで焼けば、香ばしさも出ます~。

そして、先に焼いておいた鶏ももと合わせたら、いよいよオイスターソースIN! 酒は入るものの、味つけの調味料としてはこれだけ。なんとも潔いですよねー。 大根をまるごと1本使うので、オイスターソースも大胆に大さじ6を投入します。

そしてこちらが仕上がり! オイスターソースのおかげで煮汁にほどよくとろみがつき、具によくからんでいます。先生の仕上がりに比べると、ちょっと煮すぎた感はありますが(汗)、味はしっかりなじんでいました。

正直、オイスターソース=味が濃い! というイメージがありましたが、これを作ってみてイメージが一変。大根から出る甘い水分と混ざり合えば、甘辛いけど、決してくどくない。バランスのとれたこくうま味になるんです。これ1本で甘み、塩け、さらにだしのうまみも入っているなんて、すごすぎる。ほれ直しました♪

撮影/木村 拓(東京料理写真・試作写真は編集部) 文/編集部・藤井裕子

『大根、白菜、大量消費!』(オレンジページ刊)より

Source: オレンジページ☆デイリー