4つのお悩み別!寒い朝も元気にすごせる「アロマホットタオル」術

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

11月に入り、朝晩は特に気温がぐっと下がってきましたね。体を温めることは、美容と健康の基本。寒い時期は意識的に体を温めるようにしたいですね。

今回はお悩み別に、アロマホットタオルの使い方をご紹介します。忙しい朝にも簡単に体を温めて不調を和らげることができますので、ぜひ試してみてくださいね。

アロマホットタオルとは?

アロマテラピー

アロマテラピーの楽しみ方のひとつに、温湿布法があります。洗面器などにお湯を入れ、その中に精油を1~3滴落とし、タオルを浸してしぼればアロマホットタオルの出来上がり。

精油はお悩みに合わせて選び、効果が期待できる幹部に当てて体を温めながら癒します。

温湿布法は、主に血行を促す効果があるので、肩こりや腰痛などの慢性トラブルに適しています。一方、お湯ではなく冷たい水で作ると、炎症を抑える効果のある冷湿布法となります。

【お悩みその1】体がだるい・元気が出ない朝

アロマホットタオル

朝起きて、なんだか体がだるかったり、元気が出ない時…。そんな時はベルガモット、レモンなどの柑橘系の精油やペパーミント精油でアロマホットタオルを作りましょう。

首の後ろや脚などをタオルで覆い、精油の香りを吸い込みます。また、時間がある時は少し熱めのお湯に精油を1~5滴入れ、短時間の入浴をするのもおすすめです。

【お悩みその2】頭痛がする朝

頭痛の悩み

頭痛がする時におすすめの精油は、ラベンダー、ペパーミント、ベルガモット、ユーカリ、ティートリーなどです。

特に首や肩の緊張からくる頭痛には、少し熱めのアロマホットタオルを首の後ろに当てるとよいでしょう。目をつむってゆっくりと呼吸をし、リラックスして緊張を解きほぐすようにすると効果的です。

【お悩みその3】便秘の時

便秘の悩み

数日排便がなくて、スッキリしない…。そんな便秘の時におすすめの精油はローズオットー、カモミール・ローマン、ローズマリー、オレンジ・スイートなどです。

アロマホットタオルを腹部に当てて、腹式呼吸を行いましょう。お腹周りの冷えが解消され、血液の流れも良くなるでしょう。特に女性にとって、腹部の冷えは禁物。お腹周りに冷たさを感じた時にもぜひ試してみてくださいね。

【お悩みその4】鼻がつまっている時

鼻づまり

鼻がつまっている時におすすめの精油は、ユーカリー、ペパーミント、ラベンダーなど。アロマホットタオルを鼻の上に当ててください。

特ににユーカリ、ペパーミントは香りを嗅ぐだけで鼻がスッキリします。しかし、刺激が強い精油ですので精油の量には注意が必要です。

*****

精油に体を癒す様々な作用があります。お悩み別に精油を選んで、朝を元気に過ごしましょう!

※精油に刺激を感じる時にはすぐに使用を中止して下さい。精油にアレルギー反応を起こす感作が生じることもありますので、注意しながらお試しくださいね。

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

Source: 朝時間.jp