自称“モノ選びの変態”が6年たった今も大満足のカーテン!その魅力とは?

カーテンは家具以上に選択肢が多くて、一体どう選べばいいのか悩みますよね。

こだわりの強さから、最近ついに“モノ選びの変態”と呼ばれるようになってしまった筆者ですが(笑)、

そんな筆者がリビングに選んだのは、ざっくり編まれたミラータイプのレースカーテン(スミノエ製)。

カーテン

少し困ることもありますが、ドレープカーテンはつけずに過ごしています。

6年たった今でも大満足!そんな愛用カーテンの魅力を3つご紹介します。

 

魅力その1.機能性 中から景色を楽しめて、外からは見えない!

周りをマンションに囲まれ、自身もマンションに住む筆者の場合、一番のゆずれない条件は、ひとりでいることの多い日中に、外からの視線を遮ってくれることでした。

とはいえ幸い正面を遮る建物がない立地、できることならせっかく見える景色も楽しみたい。

そんなわがままを叶えてくれたのがこのカーテンなのです。

ざっくり編まれた隙間のあるデザインで、中から見ると外が透けてよく見えます。

カーテン

でも、外から見ると反射して驚くほど見えません。

カーテン

ミラーカーテンといえば白色で、外から見えない分、中からもほとんど外が見えない、というイメージを持っていましたが、どうやらそれはひと昔前の話。

いまでは好みに合わせて中から景色を楽しめるタイプもあるようです。

外が見えると、締め切っていても部屋が広く感じられて、圧迫感がないのも気に入っているところです。

 

魅力その2.見た目 1枚でも十分なデザイン性!

選んだデザインはシルバーとカーキの糸を編んだもの。

カーテンをひいてみると、広げた部分はうっすらシルバーの光沢と格子状のラインを感じるくらいで、圧迫感もなく部屋によく馴染みます。

カーテン

一方端に寄せた部分は、ほどよく色が出て1枚でも十分な存在感。

インテリアのいいアクセントになっています。

あまりレースカーテンには見えないようで、遊びに来た友人にはよく驚かれます。

夜はというと、ほどよく外の景色が見え、カーテンの色味も感じられて、いい雰囲気を出してくれます。

カーテン

ただ少し困るのが、夜照明をつけると外から透けてしまうこと。

もう1枚透けないカーテンをつければいいのですが、夫の強い希望もあり、夫婦交代でベランダに出て見え具合を確認した上で(笑)、透けには少し目をつぶり、これだけで過ごしています。

目の前に向かい合う建物がない高台や高層マンションにお住まいなら、筆者のように、こんなミラーレースカーテン1枚と言う選択もありかもしれませんよ。

 

魅力その3.手入れのラクさ 使い続けられる手軽さ

最近では自宅で洗える手入れのラクなカーテンが増えていますが、このカーテンもその一つ。

光沢感のある生地なので一見繊細かと思いきや、ネットに入れてホームクリーニングでき、洗った後は濡れたままレールにつけて自然乾燥するだけでOKです。

カーテン

ずぼらな筆者は、どんなに素敵なカーテンでも手入れが面倒なら使い続けられません。

自分でラクに手入れできることはとても大切です。

 

意外なルートでゲット!しかもかなりリーズナブルに買えた理由は?

タワーマンション

まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

ちなみにこちらのカーテンは、マンションのモデルルームについていたもので、内見の際に品番も教えていただきました。

ただ、マンションのオプションなどを担当する部門に金額を聞くとすごい額だったのと、 家具を入れて実際に住んでみないとわからないということで、そこでは買わずに他のカーテンなども見たりしましたが結局忘れられず……。

でも金額が高すぎると言っているうちに入居から半年が過ぎてしまいました(笑)。

試しにネットで検索してみると、有名メーカーのカーテンを使って縫製して格安で販売している会社を発見。

該当のカーテンも扱っていたことから注文することとなり、当時既に廃番の商品でしたが、その会社に在庫があったので無事購入できました。

気になるお値段はというと……、税込み27,817円ほど。

スペックは以下の通りです。

品番:D-4579
巾:440cm
高さ:210cm
スタイル:オーダーカーテン標準スタイル
縫製仕様:グレードアップ縫製(2倍ヒダ)
開き方:両開き
フック:Aフック
カーテン取付位置:ダブル付けレールの奥側に取付け
定価:合計69,720円(税込)

注文が7/7、出荷が7/13、定価と比べすごい割引率でいい買い物でした!

 

いかがでしたか?

ご紹介したミラーレースカーテンは、夜透けてしまうという少し困ったところはありましたが、筆者にとってそこは目をつぶれるところ。

それ以上に魅力の方が大きかったのです。

カーテン

 

でも他の人にとっては、ありえない選択かもしれません。

種類が多いものほど選ぶときに大切なのは、自分なりの基準をもつこと。

ぜひ自分なりのゆずれない条件をみつけて、素敵なカーテンを選んでくださいね。

Source: 日刊住まい